オートバイレースを楽しもう☆

オートバイレースの事故

オートバイレースは、いつも事故と隣りあわせと
いっても過言ではないでしょう。

記憶に新しいものとして、2003年に
日本人ライダー、加藤大治郎さんがオートバイレース中に事故で亡くなりました。

生前住んでいた町の通りには、彼の名をとって
「加藤大治郎通り」というものが作られました。


又、1907年に始まった公道で行われる
世界最古のオートバイレース、マン島TTレース
なども死者がでる危険なレースとして知られています。

予選中に日本人レーサーの前田淳さんが
アイルランドのレーサーと衝突事故を起こし
死亡ということもありました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。