オートバイレースを楽しもう☆

オートバイレースの事故

オートバイレースは、いつも事故と隣りあわせと
いっても過言ではないでしょう。

記憶に新しいものとして、2003年に
日本人ライダー、加藤大治郎さんがオートバイレース中に事故で亡くなりました。

生前住んでいた町の通りには、彼の名をとって
「加藤大治郎通り」というものが作られました。


又、1907年に始まった公道で行われる
世界最古のオートバイレース、マン島TTレース
なども死者がでる危険なレースとして知られています。

予選中に日本人レーサーの前田淳さんが
アイルランドのレーサーと衝突事故を起こし
死亡ということもありました。

レーシングサイドカー

側車付き2輪車のロードレースでライダーの他に
バッセンジャーが同乗します。

公道で走行しているサイドカーといえば、
オートバイに側車を付けただけのものが多いが
オートバイレース用の側車は、外観からしても
全く別物といえます。


公道用の側車と違い、オートバイレース用の
側車は、側車に乗っている人(バッセンジャー)は、コーナーに応じて、体を右や左に大きく
動かしてバランスを取る必要があります。


その動きから側車に乗っている人を「モンキー」と呼んだりもします。

ヨーロッパの一部の地域で大変人気がある
オートバイレースです。

あまり世界的にはメジャーではないですが、
現在はヨーロッパを中心に独自のオートバイレースとして、楽しまれています。

三宅島オートバイレース

日本国内初の公道を使ったオートバイレースで
開催期間は2007年11月9日〜11日まで。

4月に大会実施計画案をまとめ、参加ライダーの公募などを行う

レースは阿古海岸をスタート・ゴール地点とし、島を周回する都道約30キロを使用。

3日間のうち本戦は最終日で、125cc以下の
マシンでタイムを競う。

島民もボランティアで参加するなど、
噴火災害からの復興を目指す同島にとって
産業・観光振興の目玉としてPRしていく。

レース大会の概要については、三宅島オートバイレース実行委員会のホームページに掲載されています。(http://www.miyakejima.or.jp

*1月26日からとなります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。